矯正歯科治療を受ける人が増えている!

矯正歯科で受けられる「矯正治療」は子供の頃からするものと思われがちですが、実は大人になってからでも遅くはなく、矯正治療受けるべく歯医者へ行く人が増えています。矯正歯科は歯並びや噛み合わせを直すばかりでなく、頭蓋骨をはじめ、体の矯正にも繋がるため肩こりや腰痛治療など全身の健康状態と整えるものとして人気があります。

審美歯科と矯正歯科は異なる?

審美歯科とは?

審美歯科とはインプラント治療で歯並びを整えたり、ホワイトニングで白くしたり、ラミネートベニアや、セラミックインレーなど自然の歯に近い色合いで歯の調整をしたりなど「歯を美しく見せる事」を目的とした歯医者の事です。

矯正歯科とは?

審美歯科が「歯を美しく見せる」歯医者ならば、矯正歯科は「歯並びの矯正を含んだ治療」を専門とした歯医者です。そのため、矯正歯科ではホワイトニングなどは行わないことがほとんどでしょう。歯列を治すことをメインとして行っているため、歯並びを治したい患者が多く受診しています。

矯正歯科治療を受けるメリット

矯正歯科治療を受けるメリットは歯並びが美しく見えるのと、歯並びを矯正することによって体の調子を整えることができる点です。前者は昔から言われてきたことですが、「かみ合わせ」による肩こりや腰痛の改善は近年になって歯医者で解明されてきたもので、矯正治療は健康的なメリットが大きいと認識され始めており、大人になってから矯正治療を受ける人が増えています。

受ける前に費用をチェック!矯正歯科治療に必要な費用目安

歯型

矯正歯科が行っている治療方法

矯正歯科の歯医者さんが実施している治療方法は「ブラケット矯正」「マウスピース矯正」「セラミック矯正」「部分矯正」があります。ブラケット矯正は歯の一つ一つにブラケットと呼ばれる矯正器具を取り付け、ワイヤーを通して固定する方法で部分矯正にも用いられます。マウスピース矯正は取り外し可能な器具を使う方法で、歯のズレが少ない人が用います。そして、セラミック矯正は矯正+歯の見た目も美しく見せるための矯正方法で白いセラミックをかぶせて白い歯に見せながらかみ合わせを改善する方法となります。どの治療方法になるかは歯医者さんとカウンセリングして決めるようにしましょう。

口元

矯正歯科治療に必要な費用目安

矯正歯科治療に必要な費用は「治療前」と「治療中」と「治療後」でそれぞれかかります。治療前は初診料と相談料が無料~6000円ほど、頭部X線写真や歯型の採取などで25,000円~60,000円ほど、カウンセリングや治療方針を決めるのに10,000円~40,000円程度は必要です。治療中は決めた治療方法に合わせて65万円~100万円前後、矯正中の歯の矯正装置の調整経過観察などで1000円~10,000円程度を見てください。矯正歯科の場合は治療後にも定期健診やメンテナンス料が2000円~10,000円前後かかりますので、治療を受ける場合はまずトータルを試算してみるのも良いでしょう。

歯医者さんに関する疑問にお答えします!

医療器具

矯正歯科はローン支払いは可能?

矯正歯科の歯医者によっては分割ローンを組んでくれるところもあります。場合によってはクレジットカードも導入している歯医者もあるので、まずは自分に合った支払い方法ができる歯科医を探し相談してみましょう。

子供の矯正歯科はいつから始めるの?

子供の矯正歯科は前歯が生えそろってくる6歳前後ぐらいから始めると良いとされています。乳幼児の頃から歯並びを気にする親御さんもいらっしゃいますが、乳歯の状態では正しい判断はできかねます。どうしても気になる場合は矯正歯科の歯医者さんにいろいろ相談してみましょう。